Top > 健康 > 初期の糖尿病が気づきにくい理由

初期の糖尿病が気づきにくい理由

糖尿病では重篤な合併症を起こすと、生命の危機もあるのですが、早い時期に気付いて血糖値のコントロールが上手にできれば、日常生活を困難から遠ざけることも可能です。ですので、糖尿病予備軍かもしれないと気になっている人は、日ごと体のコンディションを糖尿病の症状と比べ合わせてみると、早くに発見することができるので安心できます。血糖値を調節するのにいい結果をもたらすのは食物繊維です。

 

 

食物中の糖分は胃腸で消化され吸収して血液とともに流れていきます。

食物繊維が糖にまとわりついて吸収に時間をかけて、便とともに糖を体外へ排出するように補助的役割を果たすため、血糖値が一気に上昇するのを防いでくれます。血糖値がこんなに下げるサプリメント

 

 

糖尿病は初期の段階では、自覚症状があまりみられず目立った症状は出ないのが特徴でもあります。

 

多くの人は仕事やストレスの疲れからと感じてしまい、すぐには糖尿病が原因だとは考えません。

それにより糖尿病の発見自体が遅くなり、徐々に合併症が進み、状態が悪化して初めて気付くという人も多いのです。下肢に起こる代表的な合併症は、血流が低下して、体の神経が鈍くなってしまう糖尿病神経障害というものです。糖尿病神経障害になることで足に痺れ、違和感を覚えたり、ふくらはぎの痙攣、ほてりといった症状に気付くようになります。また、足の感覚が鈍くなるため、足に怪我を受けやすくなりますし、足がつりる事が増えるようになります。若い時はよく体を動かし、新陳代謝も活発なので糖分、塩分が多めで脂っこいものを好んで食べても消費しつくせます。しかし、食の好みは何歳になってもかわらない傾向にあり中年期を過ぎても同じ様に継続してたべていると、肥満化したのちに糖尿病を呼び寄せることがあります。

健康

関連エントリー
ひざサポートコラーゲンについて書きました初期の糖尿病が気づきにくい理由食欲旺盛な息子、少しは食事制限をした方が良いのかしら??頑固な時に減らすためにはどうすべきか